現代における戦争が起きるかもしれない、もしくは起こそうとするものがいるのではあれば、これを想定できると、今までの投稿を観ていき考えられるはずです。

元々は、近未来的な考え、もしくはランボーの再来としか観られなかったSF映画があります。

それは、映画マトリックスシリーズです。

予告編では、アクションシーンが多いため、解説動画を紹介します。

 

 

これからの時代、AIが進み、それに対抗として人類もAI化した場合に、人間の脳を電脳化し、

それに基づき、人間の脳を直接インターネットに繋ぎオンライン上にすることで、ハッキングによる覗きやクラッキングによる破壊や改竄が可能になる。まるで未来のSFのように感じるかもしれないが、エドワード・スノーデンにより現実となることが類推できる。

 

 

攻殻機動隊シリーズ

元ネタ

本の内容

漫画・アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

青臭く純粋な正義で動く天才

アオイ

https://dic.pixiv.net/a/アオイ(攻殻機動隊)

起こした事件の主犯   笑い男事件

 

プロダクションI.Gのアニメ『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GiG』

元ネタ

 

天才に嫉妬する老獪な俗人

合田一人

https://dic.pixiv.net/a/ゴーダ

歴史プロデュース   個別の11人

 

日本人は、戦争を放棄しているが、戦争というものに日常的に関わっている。

皆さんは、自衛隊が年間1000回前後スクランブル発進しているのを知っていましたか。

3 thoughts on “第三次世界大戦 ポリティカル・フィクション(アニメ)篇”

  1. After study a number of of the weblog posts on your web site now, and I actually like your means of blogging. I bookmarked it to my bookmark website listing and will likely be checking again soon. Pls check out my site as nicely and let me know what you think.

  2. I have to thank you for the efforts you’ve put in writing
    this website. I really hope to view the same high-grade
    blog posts from you later on as well. In fact, your creative writing abilities has inspired me to
    get my very own website now 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です