フィンランドの独立国家としての物語はいかがだったでしょうか。
ソ連が悪者として視えることもあるでしょう。
そんな、ソ連なんですが、どうして帝政ロシアからソ連となり、また現代のロシアになったのかというのは、学校の授業では、マルクスがキーパーソンとなります。彼は、「資本論」という「聖書」の次に世界で読まれた図書を出版しています。

これについては、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが、
「しくじり先生 中田歴史塾」(2016年5月2日月曜日放送)で紹介されています。カール・マルクスの人物像が分かります。
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52165293.html(くまニュース)

また、池上彰さんも講義形式で紹介しております。動画のURLを載せます。

 

資本主義社会における様々な本質問題は割愛しますが、共産主義国家における理想国は、「資本論」という聖典に基づいて築き上げるものでしたが、私が丁度生まれた年くらいにソ連は崩壊しました。

 

そして、「マルクス エンゲルス」として映画になりました。

実は、米ソ冷戦の象徴としてある「ベルリンの壁」は、ひとりの男の勘違いだと言われています。それは、「トリビアの泉」でも紹介されました。

また、最近この人物は2015年に亡くなり、イギリスのBBCにも報道をされています。

ソ連の未来を想像した映画監督たち

3 thoughts on “第二次世界大戦 ソ連”

  1. Only a smiling visitant here to share the love (:, btw outstanding design and style. “Justice is always violent to the party offending, for every man is innocent in his own eyes.” by Daniel Defoe.

  2. magnificent post, very informative. I wonder why the other specialists of this sector don’t notice this. You must continue your writing. I’m sure, you’ve a great readers’ base already!

  3. hi!,I really like your writing very so much! percentage we communicate extra approximately your article on AOL? I need an expert on this space to unravel my problem. May be that is you! Looking forward to look you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です